自主管理って大変?

自主管理は一般に、設備の点検業務などは各専門業者と契約するものの、管理人業
務を管理会社に委託するわけではなく、集金業務や帳簿整理といった事務業務などを
役員で協力しあって行なう管理のことを指しています。では、管理会社にすべての業務を委託する場合と比較して、
自主管理は理事会の負担が極端に大きいのでしょうか?必ずしもそうではありません。

これまで述べてきたとおり、マンションの管理をする主体は管理組合です。
ですから、管理会社に管理人業務を委託していたとしても、管理組合や理事会が日常管理の内容を正確に把握し、
常にチェックしておかなければならないのです。清掃が行なわれたら、その清掃の確認。
設備点検が行なわれたら、異常がなかったかどうかの確認。修繕の必要な箇所が発生しそうかどうかのチェック。
入転居が行われたら所有者・居住者の確認。会計帳簿の確認やその監査。以上のような業務は、委託管理であっても
自主管理であっても、理事会がしなければいけないことです。そういった面でみると理事の負担はそれほど違いません。
自主管理についてここ→で詳しく調べてみました。

もちろん管理会社に委託すると負担が減る面はあります。素人の住民だけではわか
らない、判断できないことも、スムーズに処理してくれるというメリットもあります。
しかし、よく管理会社は「管理会社が全部やりますので、管理組合や理事は何もしな
くてもいいですよ」といいますが、自分たちの大切な財産の管理を、他人に一から十
までまかせてしまってもよいのでしょうか?自主管理と委託管理、それぞれの長所
短所をよく理解したうえで管理形態を選択するのが望ましいのです。


DY165_L