管理規約を変更する

管理規約って変更できるの?

契約時に分譲会社が用意していることがほとんど
ですが、自分たちのマンションに合うように変更することをおすすめします。

「管理規約」とは「そのマンションを所有し、生活するために守らなければならない約束事を明文化しているもの」です。
表現を変えて「マンション内の憲法・法律・条例」といってもいいでしょう。
マンションには、マンション内の約束としての管理規約があり、
そのうえに全国共通のマンション(区分所有建物)の約束として「区分所有法」という法律があります。
したがって、マンションの管理規約も原則として「区分所有法」にのっとって作成されています。


管理規約はいつできる?
さて、管理規約はいつ、誰がつくっているのでしょう?通常、管理規約は分譲時に分譲会社が用意し、
契約時にひととおりの説明があり、印鑑を押す書類のひとつになっています。
つまり「確認し、了解しました」という印鑑を職入者(区分所有者)からそれぞれ押してもらい、
それらが集まったときに、正式に規約として成立するという形態をとっているということです。
>>詳しいことはコチラに載っています。

このように、分譲時の最初の規約を作っているのは分譲会社で、それを確認了承し
た住民が共同生活をはじめたときに発効しているというケースが一般的です。

DY174_L