管理会社の変更

管理会社を変更する

管理会社に管理業務を委託しているからといって、管理組合に建物の維持管理の責任がなくなるわけではありません。
管理会社はあくまでも「管理組合の業務(の一部)を協力している」、区分所有者にとってのパートナーにすぎません。

つまり、パートナーとの相性が悪いのであれば、変更することに何ら問題はありません。
区分所有者全員にとって、自分の財産の管理を協力してもらうにふさわしい管理会社でなければ、
業務を委託することをやめ、相応の管理会社に変更するなり、自分たちで管理(自主管理)をしていけばよいのです。
総会の手続きにのっとって総会決議を得て可決され、
管理会社との契約に基づいて正規の手続きをとれば(一方的な解約はあとで不利になることがありえます)、
管理会社はいつでも変更、解約することが可能です。常に主役は管理組合です。
建物の維持管理をする義務があるのは管理組合であり、管理組合とは区分所有者全員なのですから。
私は詳しい事については>>で調べました。

しかし、今のところ「マンション管理士でなければしてはいけない」という業務が設定されているわけではありません。
また、すべてのマンション管理士があらゆる業務に精通しているというわけ
でもありません。マンションの問題で相談したいとき、「マンション管理士」にまかせ
たから大丈夫、ではなく、信頼できる、「マンション管理士や相談に乗ってくれる専門家」を自分自身で探すことが大切です。

DY115_L