マンションの管理会社

管理会社を変える事は出来るの?

管理会社は管理を協力するだけで、管理の主体にはなりえません。
仕事内容に問題などがあれば、管理会社を変える事は可能です。

マンション管理をする義務は管理組合にあり、管理組合とは区分所有者全員である、

ということは、前の2項で説明しました。では、管理会社の仕事は何か?建物の管
理を引き受けてくれているのでしょうか?
本来、自分たちの財産(建物)の管理は自分たちでやらなければいけません。した
がって、建物の管理を所有者以外の誰かに丸投げするのは少し無責任です。自分の金
庫の鍵を渡してしまって「管理しておいて」と頼む人は少ないのではないでしょうか。
言葉遊びのように感じるかもしれませんが、管理会社の仕事は、本来、管理組合が
しなければいけない建物の管理の一部を「協力する」ことです。あくまでも管理をす
る主体は管理組合です。建物や設備の維持管理の素人である住民の集まる理事会や管
理組合が、技術的にも時間的にも充分にできない範囲の事項について、費用を払って
管理会社に協力してもらっているというのが、管理組合と管理会社の関係です。

管理会社に委託することとは一般的には、「建物・設備管理業務」と「事務管理業務」があります。

これは「ハード面」「ソフト面」と同じ分類です。
建物・設備管理には、日常の清掃や植栽の手入れ、エレベーター、消火設備、受水槽といった各種設備の点検などがあります。
もちろん、これらを一括してひとつの管理会社に委託することもできますし、エレベーターはエレベーターメンテナンス業者、
給排水設備はその専門業者、清掃は清掃業者というように、それぞれ別の専門業者に分割して委託することもできます。
管理会社の変更について>>で詳しく調べました。

事務管理には管理費・積立金などの集金、共用部分の光熱費の支払い、帳簿の整理、管理人業務などがあたります。
これらも一括して委託する場合と業務の一部(たとえば管理人業務など)を委託する場合のいずれも可能です。

DY098_L